貴乃花親方の再提出書類にまた不備、芝田山広報部長

貴乃花親方の再提出書類にまた不備、芝田山広報部長「きちっと手続きを」
 日本相撲協会を退職する意向を表明した貴乃花親方(元横綱)の代理人を務める石原修弁護士が27日、東京・両国国技館を訪れ、同親方の退職手続きを進めるための書類を提出した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は再度、書類の不備を指摘して再提出を求めた。(産経新聞)

柔道日本 混合団体金 仏圧倒で連覇!東京五輪初代王者へ弾み
◇柔道世界選手権最終日(2018年9月27日 アゼルバイジャン・バクー)
 20年東京五輪で初めて実施される男女混合団体戦が行われ、日本は決勝でフランスを4―1で破り、初実施された昨年から2連覇を果たした。男子73キロ級の橋本壮市(27=パーク24)ら3選手が個人戦でのケガのために出場しなかったが、団体代表を含めたチーム日本一丸の戦いでタイトルを死守。一方で個人戦代表だけでの戦いとなる五輪に向け、対策の必要性が浮き彫りになった。(スポニチアネックス)

<プロ野球>西武、ソフトバンク、日本ハム パCS出そろう
 プロ野球のパ・リーグは27日、クライマックスシリーズ(CS)進出チームが出そろった。3位の日本ハムが4位のオリックスに勝ち、5位のロッテが楽天に敗れたことで、日本ハムは3位以内が確定し2年ぶりのCS進出が決定。西武、ソフトバンクは既に進出を決めていた。(毎日新聞)